トップへ » 治療について » 予防歯科 » 80歳でも20本の歯を保つために

80歳でも20本の歯を保つために

予防歯科予防歯科が浸透しているスウェーデンでは、80歳の方でも平均20本の歯を保つという事実があります。一方、日本では現在、80歳の方の平均残存歯数はたったの8本(厚労省調べ)しかありません。通常、28本の歯があるのに、約1/4しか残ってないのが現状です。

歯は一度削ってしまうと元には戻らないうえ、治療を重ねるたびにどんどん削る量が増え、その寿命を縮めてしまいます。歯を長持ちさせるためには、まずは虫歯にならないように予防すること。そして治療した歯は、しっかりとメンテナンスを行い、再治療をなるべく防ぐことが重要です。


トップへ » 治療について » 予防歯科 » 80歳でも20本の歯を保つために


コールバック予約

PAGE TOP