トップへ » 治療について » 小児矯正治療 » 小児矯正

小児矯正

小児矯正治療

小児矯正治療が成人の矯正治療と異なる点は、あごの骨格から治療ができることです。小児期は成人に比べてあごの骨が柔らかいため、上あごと下あごの骨格のバランスを整えたり、歯がまっすぐ並ぶように顎骨の幅を広げることができるのが特徴です。

第1期治療が重要です
小児矯正は、永久歯が生え揃うまでの段階で行う「第1期治療」と、永久歯が生え揃ってから行う「第2期治療」の2段階に分かれます。特に第1期治療では、歯の生え変わりやあごの成長との関係で適切な時期に治療を行うことが重要です。詳しくは当クリニックに直接ご相談ください。

取り外しができる拡大プレートによる矯正小児矯正治療
拡大プレートとは、プラスチック製の入れ歯のようなプレートをはめることで、歯の移動と、あごの骨の拡大を行う矯正治療です。装置にはスクリューが装着され、ネジを回転してスクリューを拡げることで歯並びの幅を広げたり歯を動かしたりします。

取り外しが簡単にできるので、食事中は外し、寝るときに装着します。小学1年生から始められます。

虫歯予防にフッ素塗布をいたします
矯正中に虫歯になりやすいのは、お子様も同様です。特にプラークコントロールが重要となるため、衛生士が指導したり、お母様にも指導をお願いしています。また、虫歯予防としてフッ素塗布も行っています。
 


トップへ » 治療について » 小児矯正治療 » 小児矯正


コールバック予約

PAGE TOP