トップへ » 治療について » 症例集 » 反対咬合(男性)

反対咬合(男性)

症例次へ症例

【主訴】
見えない方法で反対咬合を治したい。
【診断名】
反対咬合
【年齢】
27歳
【装置名】
リンガルブラケット矯正装置
【治療内容】
保存不可だった右側下顎第一大臼歯抜歯し、反対咬合の改善を行った。
歯肉退縮や知覚過敏、歯根吸収に注意しながら、ゆっくり歯を動かしています。
【治療期間】
2年
【治療費概算】
825,000円(税込)
【考えられるリスク・副作用】
治療期間中、一般的な歯科矯正治療に付随するリスクが考えられます。
そして、歯周病や虫歯のリスクが高まるため、口腔ケアが重要です。


トップへ » 治療について » 症例集 » 反対咬合(男性)


コールバック予約

PAGE TOP