トップへ » 治療について » 矯正歯科 » 【ワイヤー矯正】

【ワイヤー矯正】

矯正歯科ワイヤー矯正とは、ブラケットという矯正装置を個々の歯に装着し、歯を動かす治療法です。ブラケットには金属とセラミック、2種類の素材のものがあります。

セラミック製は金属製のものに比べやや弱いですが、白くて目立たないのが特徴です。現在では、さらに白いワイヤーも開発され、より目立ちにくくなっています。

矯正後の顔面シミュレーション写真をご覧いただけます
ワイヤー矯正を行う場合には、コンピュータグラフィックスを使って矯正後の写真を作成し、患者様に確認していただきます。抜歯をして矯正をした場合の容貌の変化と、抜歯をせずに矯正をした場合の容貌をご覧いただいたうえで、治療法を決めていきます。患者様に治療のゴールをお見せすることによって、納得感のある治療をご提示しています。

痛みに配慮した矯正治療を行っています
矯正治療というと「痛い」「怖そう」というイメージをお持ちではありませんか?しかし近年は、技術や装置が進化しています。
これまで、装置を使って歯を動かすときの圧力が強すぎると、歯の根っこ部分(歯根膜)に締め付けられるような痛みが起きる場合がありました。当クリニックでは、圧力を極力下げて、負担の少ない矯正治療を心がけています。また、調節をすると不快感や痛みがある場合は、約1週間程度で慣れていきます。

ワイヤーの端をまるめて痛みを軽減します
ワイヤーの端がお口の中の粘膜とこすれるために痛みが起きる、というケースがあります。その場合は、粘膜に当たるワイヤーの端部分を丸め、できるだけ粘膜との摩擦を少なくする手法をとっています。また、状態によってワイヤーにカバーをかける場合もあります。

矯正治療の流れはこちら

矯正歯科治療に伴う一般的なリスクや副作用について

矯正治療に伴う一般的なリスクや副作用について知ることも、矯正歯科治療については大切になります。

  • ・矯正装置、矯正治療により不快感や痛みが出ることがあり、約1週間程度で慣れていきます。
  • ・歯の動き方には個人差があるため、予想された治療期間がかわることがあります。
  • ・矯正治療には患者様の協力が重要です。患者様の定期的な通院、装置の使用状況により治療期間、治療結果に影響します。
  • ・治療中は、歯周病や虫歯のリスクが高くなります。そのため、口腔内のセルフケアとプロケアが大切になります。
  • ・まれですが、歯を動かすことで歯根吸収、歯肉退縮、歯髄壊死することがあります。
  • ・矯正治療終了後に親知らずや加齢変化、歯周病などによりかみ合わせや歯並びが変化することがあります。
  • ・矯正歯科治療は一度始めると元の状態にもどすことは難しくなります。
  • ・様々な問題により、当初予定した治療計画を変更することがあります。
  • ・歯の形態修正、咬み合わせの微調整、補綴物などをやりなおす可能性があります。
  • ・矯正装置を誤飲する可能性があります。
  • ・装置を外す際、エナメル質に微小な亀裂が入る可能性や、補綴物の一部が破損する可能性があります。
  • ・治療中、金属などのアレルギー症状、顎関節症状がでることがあります。
  • ・ごくまれですが、歯が骨と癒着していて歯が動かないことがあります。
カウンセリング時にリスク、副作用についての詳細を説明しておりますので、お気軽にご相談ください。

トップへ » 治療について » 矯正歯科 » 【ワイヤー矯正】


コールバック予約

PAGE TOP