トップへ » 治療について » 小児矯正治療

小児矯正

小児矯正治療

小児矯正治療が成人の矯正治療と異なる点は、あごの骨格から治療ができることです。小児期は成人に比べてあごの骨が柔らかいため、上あごと下あごの骨格のバランスを整えたり、歯がまっすぐ並ぶように顎骨の幅を広げることができるのが特徴です。

第1期治療が重要です
小児矯正は、永久歯が生え揃うまでの段階で行う「第1期治療」と、永久歯が生え揃ってから行う「第2期治療」の2段階に分かれます。
特に第1期治療では、歯の生え変わりやあごの成長との関係で適切な時期に治療を行うことが重要です。
様々な装置があり、例えば、取り外しのできるプラスチック製の入れ歯のような矯正装置により、歯の移動と、あごの骨の拡大を行う矯正治療も可能です。小児矯正治療
その装置にはスクリューが装着され、ネジを回転してスクリューを拡げることで歯並びの幅を広げたり歯を動かしたりします。
取り外しが簡単にできるので、食事中は外し、寝るときに装着します。様々な装置がありますので、詳しくは当クリニックに直接ご相談ください。

虫歯予防にフッ素塗布をいたします
矯正中に虫歯になりやすいのは、お子様も同様です。特にプラークコントロールが重要となるため、衛生士が指導したり、お母様にも指導をお願いしています。また、虫歯予防としてフッ素塗布も行っています。
 

矯正治療の流れ

【STEP1】初診・相談矯正診療の流れ
矯正に関する一般的な質問、費用、治療期間に関して説明します。

次へ

【STEP2】検査矯正診療の流れ
歯の模型、噛み合わせ、口腔内写真撮影を行います。

次へ
【STEP3】診断・治療計画矯正診療の流れ
今後の治療の方針、費用、治療期間に関して説明します。

次へ
【STEP4】矯正装置装着矯正診療の流れ
矯正治療開始です。全体的にクリーニングを行い、矯正装置をセットします。

次へ
【STEP5】矯正治療&クリーニング矯正診療の流れ
矯正装置の調整を毎月行います。

次へ
【STEP6】保定期間矯正診療の流れ
歯がきれいに並ぶと矯正装置を外します。その後、歯を支える骨がしっかりするまでは保定器具・リテーナー(動かした歯を安定させる装置)を使用します。 1~3か月に1回来院していただきます。

次へ
【STEP7】矯正治療終了
矯正治療が終了したあとは、定期的なメンテナンスをお受けください。

予防歯科はこちら

矯正歯科治療に伴う一般的なリスクや副作用について

矯正治療に伴う一般的なリスクや副作用について知ることも、矯正歯科治療については大切になります。

  • ・矯正装置、矯正治療により不快感や痛みが出ることがあり、約1週間程度で慣れていきます。
  • ・歯の動き方には個人差があるため、予想された治療期間がかわることがあります。
  • ・矯正治療には患者様の協力が重要です。患者様の定期的な通院、装置の使用状況により治療期間、治療結果に影響します。
  • ・治療中は、歯周病や虫歯のリスクが高くなります。そのため、口腔内のセルフケアとプロケアが大切になります。
  • ・まれですが、歯を動かすことで歯根吸収、歯肉退縮、歯髄壊死することがあります。
  • ・矯正治療終了後に親知らずや加齢変化、歯周病などによりかみ合わせや歯並びが変化することがあります。
  • ・矯正歯科治療は一度始めると元の状態にもどすことは難しくなります。
  • ・様々な問題により、当初予定した治療計画を変更することがあります。
  • ・歯の形態修正、咬み合わせの微調整、補綴物などをやりなおす可能性があります。
  • ・矯正装置を誤飲する可能性があります。
  • ・装置を外す際、エナメル質に微小な亀裂が入る可能性や、補綴物の一部が破損する可能性があります。
  • ・治療中、金属などのアレルギー症状、顎関節症状がでることがあります。
  • ・ごくまれですが、歯が骨と癒着していて歯が動かないことがあります。
カウンセリング時にリスク、副作用についての詳細を説明しておりますので、お気軽にご相談ください。

トップへ » 治療について » 小児矯正治療


コールバック予約

PAGE TOP