トップへ » 治療について » 矯正歯科

美しさと健康を提供する矯正歯科

矯正歯科

当クリニックでは、健康で自然に美しくあり続ける治療を行います。

歯並びが悪いことで、肩こり・頭痛・めまいなど、体に影響が出てくる場合もあります。歯並びや噛み合わせを整えることは、見た目をよくするだけでなく、健康な食生活を送るためにも大切なのです。

矯正には多くのメリットがあります

矯正歯科近頃は、成人式や結婚式、就職活動などのシーンに合わせて矯正する若者が増えています。矯正をして見た目が改善されることで、自分に自信を持てるようになるからです。また、食べものをしっかり噛めるようになって消化吸収がよくなるという恩恵ももたらします。

さらにブラッシングがしやすくなるので、自分の歯を一生保つことができるといった多くのメリットが望めます。

口腔内の健康にこだわっています

矯正歯科矯正と言うと、どうしても見た目をよくすることに関心を奪われて、中には前歯だけ治してほしいという要望も耳にします。けれども、当クリニックは口腔内の健康にこだわっているので、前歯だけの治療ではなく、理想的な噛み合わせを得るための奥歯を含めた治療のご提案を行っております。

矯正していることがわかりにくい【舌側矯正】

矯正歯科「矯正で歯並びを整えたい」と来院する患者様にとって、いちばん気になるのは見た目の問題ではないでしょうか。できるものなら他人に知られず矯正治療をしたい、と考えるのも無理のないことです。

そこで当クリニックでは、見た目では矯正しているのがわかりにくい舌側矯正(ぜっそくきょうせい)を提案しております。この手法は装置を歯の裏側につけるので、見た目に矯正中ということがわかりにくいです。営業職、接客業など、人前に出る仕事についている方にもオススメの矯正治療です。

<舌側矯正のメリット>
●周囲の人に気付かれにくい
●幅広い年齢層の方が装着できる
●普通の矯正装置とほぼ同じ結果が得られる

<舌側矯正のデメリット>
●舌に当たりやすい
●表につける装置に比べて話しにくい

【ワイヤー矯正】

矯正歯科ワイヤー矯正とは、ブラケットという矯正装置を個々の歯に装着し、歯を動かす治療法です。ブラケットには金属とセラミック、2種類の素材のものがあります。

セラミック製は金属製のものに比べやや弱いですが、白くて目立たないのが特徴です。現在では、さらに白いワイヤーも開発され、より目立ちにくくなっています。

矯正後の顔面シミュレーション写真をご覧いただけます
ワイヤー矯正を行う場合には、コンピュータグラフィックスを使って矯正後の写真を作成し、患者様に確認していただきます。抜歯をして矯正をした場合の容貌の変化と、抜歯をせずに矯正をした場合の容貌をご覧いただいたうえで、治療法を決めていきます。患者様に治療のゴールをお見せすることによって、納得感のある治療をご提示しています。

痛みに配慮した矯正治療を行っています
矯正治療というと「痛い」「怖そう」というイメージをお持ちではありませんか?しかし近年は、技術や装置が進化しています。
これまで、装置を使って歯を動かすときの圧力が強すぎると、歯の根っこ部分(歯根膜)に締め付けられるような痛みが起きる場合がありました。当クリニックでは、圧力を極力下げて、負担の少ない矯正治療を心がけています。また、調節をすると不快感や痛みがある場合は、約1週間程度で慣れていきます。

ワイヤーの端をまるめて痛みを軽減します
ワイヤーの端がお口の中の粘膜とこすれるために痛みが起きる、というケースがあります。その場合は、粘膜に当たるワイヤーの端部分を丸め、できるだけ粘膜との摩擦を少なくする手法をとっています。また、状態によってワイヤーにカバーをかける場合もあります。

矯正治療の流れはこちら

矯正歯科治療に伴う一般的なリスクや副作用について

矯正治療に伴う一般的なリスクや副作用について知ることも、矯正歯科治療については大切になります。

  • ・矯正装置、矯正治療により不快感や痛みが出ることがあり、約1週間程度で慣れていきます。
  • ・歯の動き方には個人差があるため、予想された治療期間がかわることがあります。
  • ・矯正治療には患者様の協力が重要です。患者様の定期的な通院、装置の使用状況により治療期間、治療結果に影響します。
  • ・治療中は、歯周病や虫歯のリスクが高くなります。そのため、口腔内のセルフケアとプロケアが大切になります。
  • ・まれですが、歯を動かすことで歯根吸収、歯肉退縮、歯髄壊死することがあります。
  • ・矯正治療終了後に親知らずや加齢変化、歯周病などによりかみ合わせや歯並びが変化することがあります。
  • ・矯正歯科治療は一度始めると元の状態にもどすことは難しくなります。
  • ・様々な問題により、当初予定した治療計画を変更することがあります。
  • ・歯の形態修正、咬み合わせの微調整、補綴物などをやりなおす可能性があります。
  • ・矯正装置を誤飲する可能性があります。
  • ・装置を外す際、エナメル質に微小な亀裂が入る可能性や、補綴物の一部が破損する可能性があります。
  • ・治療中、金属などのアレルギー症状、顎関節症状がでることがあります。
  • ・ごくまれですが、歯が骨と癒着していて歯が動かないことがあります。
カウンセリング時にリスク、副作用についての詳細を説明しておりますので、お気軽にご相談ください。

治療中の虫歯対策を指導します

矯正歯科矯正治療は時間がかかります。その途中で虫歯ができてしまうと、虫歯治療のために矯正治療を一時中断しなければなりません。それでは動いた歯がまた元の状態に戻ってしまい、今までの治療が無駄になってしまいます。

そこで当クリニックでは、虫歯予防の具体的な方法をご説明し、必要なクリーニングとフッ素塗布を行っています。矯正と予防はセットと考えております。

治療の仕上げに審美術でプラチナスマイルを

矯正歯科矯正治療が終わってから審美治療を要望する患者様が多数いらっしゃいます。審美治療とは、通常の歯科で行っている治療に「美」という視点をプラスした歯科治療のこと。

歯を白くキレイにしたり、歯ぐきの色を美しいピンク色に改善したりするなど、健康的で美しい口元を作ることを目的としています。矯正治療によってキレイになった歯並びをより美しくするために、審美治療はとても有効です。

審美歯科へ


トップへ » 治療について » 矯正歯科


コールバック予約

PAGE TOP