トップへ » ヘルスケア歯科クリニックの特徴 » 痛みに配慮した治療

虫歯の治療は痛いから苦手、という方でも安心です

痛みに配慮した治療

「虫歯を削られるとき痛くないか心配で怖い」「麻酔注射の痛みが苦手」こんな心配をできるだけ小さくするために、当クリニックでは痛みをやわらげる取り組みをしています。

お声がけをして緊張をほぐします

痛みに配慮した治療歯を削るときや麻酔をかけるときに、いきなり治療を始めたのでは緊張気味の患者様は驚いてしまいます。当クリニックでは、治療を行う前に必ず声をかけて確認をしています。このように患者様の緊張をほぐし、安心していただくことにより、痛みをやわらげる効果があります。

治療をするときには、手の動きにも細心の注意を払い、患部への刺激ができるだけ少なくなるように心がけています。治療をとおして患者様に安心感を深めていただくことで、気持ちがくつろぎ、より痛みを感じにくくなるのです。

確認することを大切にしています

痛みに配慮した治療歯を削るといっても、患者様は実際にどれだけ削られていくのかがわかりません。そこで当クリニックでは、はじめにどれくらい歯を削る必要があるかを説明し、治療後には削ったあとの歯の状態を見ていただいくこともあります。

もっと詳しく知りたいという患者様には、写真と資料を使ってご説明いたします。患者様に納得していただく治療をするために、当クリニックでは何度も確認を重ねています。

ミニマム・インターベンション(MI)を重視しています
ミニマム・インターベンションとは、必要最小限の部分だけを削り取り、修復する治療方法です。同じ虫歯治療でも、大きな範囲を削ってしまうと歯にダメージを与えてしまいます。MIでは、虫歯に感染した部分だけを削り、さらに神経を残すことで歯に与えるダメージを少なくし、長持ちする歯を残していきます。

抜歯の場合でも、患者様にご説明すると同時に歯の状態をカメラで見ていただいたり資料をお見せしたりしたうえで、歯を抜くか、歯を残して治療するかを決めていただいています。

一般治療・虫歯治療へ


トップへ » ヘルスケア歯科クリニックの特徴 » 痛みに配慮した治療


コールバック予約

PAGE TOP