2012年6月 « トップへ

2014年1月30日

矯正専門医による美しさと健康を追求する矯正治療を行います

矯正専門ドクター

当院には矯正歯科を専門とする女性ドクターが在籍しております。日本矯正歯科学会で認定医を取得したドクターによる、女性ならではの「口元の美しさ」と「健康」にこだわった治療を行い、地域の皆様にもご好評を頂いております。歯並びでお悩みの方は、当院にご相談ください。

矯正歯科についてはこちら
小児矯正についてはこちら

2014年1月10日

患者様の声をご紹介します

近隣にもたくさんある歯科医院の中から、当クリニックを選ばれたのはなぜですか?
・明るくて清潔感のあるイメージだから
・滝口耳鼻科のビルなのでよい歯科だと思ったから
・ホームページを見て
・友人の紹介
・個室でプライバシーが守られているから
・説明が丁寧でわかりやすいと聞いたから
・インターネットでのホームページに好感が持てて、質問にも分かり易く答えて下さったから
・インターネットで調べた結果
・インターネットのランキングで上位だったので...
・昔から先生を知っていたから
・ホームページで検索して良さそうだったから
・インターネットでいろいろな歯科を調べたなかで、信頼できると思いました
・知人に良い治療をしているからとすすめられて
・説明が丁寧でわかりやすいと聞いたから
・ホームページをみて、費用など詳しくかいてあったので


通ってみて良いと思ったこと、嬉しかったことをお聞かせ下さい
・スタッフの対応が良い
・先生が優しい
・口の中の状態が理解できた
・待ち時間が少ない
・治療方法など説明が詳しいので、納得して治療を受ける事ができる
・治療後も何をしたか説明がある
・安心してお口をまかせられるし、歯に関する安心感が日常生活にある。
・丁寧なカウンセリングで希望を聞いてもらえた
・歯がきれいになって笑顔が増えた
・トラブル時の対応が早かったこと
・手術時の不安をやわらげてくれるような言葉をかけてくれたこと
・いつもこちらに来るのが楽しみです


当クリニックに通い始めてから、ご自身の考え方や生活習慣などの変化はありましたか?
・生涯、自分の歯で食事をしたいと思うようになった
・歯を大切に思うようになった
・ホームケアを積極的にするようになった
・何かあってから歯科医院を受診するのではなく、定期的なプロケアを受けようと思うようになった
・歯だけではなく身体全体のことを考えるようになった
・過剰だった歯みがきから解放されて、楽になった


何かご要望があればお聞かせ下さい
・とても満足しています
・女性スタッフさんばかりなので安心して通えました。待ち時間も少なくて予定時間に終わることが多いので時間に追われる方も安心して通えます
・駐車券を治療時間に合わせて欲しいです


興味のある治療をお聞かせ下さい
・ホワイトニング
・歯の表面をツルツルにする歯のトリートメント
・歯ブラシでは取れないバイオフィルムをとるPMTC
・シソウノウロウの治療、改善
・誰にでも起こる生理的口臭を抑えるブレスエステ
・見えない矯正治療
・見た目がきれいになるのなら何でもためしてみたいです
・フッ素コート(虫歯になりにくい歯作り)

2014年1月 9日

下顎67インプラント(60代女性)

症例次へ症例

【治療前】
「入れ歯を作ったけど使えない。噛めるようになりたい。」と、他院で作製した部分入れ歯を持って来院されました。どうしても入れ歯をやめたいという強い希望をお持ちだったので、インプラント治療を行うことになりました。

【治療後】
約半年後、治療が完了しました。途中、痛むことなく治療が進んだので大変満足いただき、噛み合わせも改善し、何でも食べられるようになりました。

費用:700,000円(税別)

上顎3456インプラント(60代女性)

症例次へ症例

【治療前】
「バネを付けた歯がどんどん悪くなり、抜く歯が増える気がする。部分入れ歯をやめたい。」と、インプラント治療を希望され、来院されました。
また、見える所はなるべくきれいにしたいという希望でした。

【治療後】
上顎の歯がない所にはインプラントのブリッジを作り、虫歯治療では、セラミック治療を行うことになりました。
約8ヶ月後、治療を完了し、「周りにうらやましがられる」と、大変喜んで頂けました。

費用:900,000円(税別)

下顎456インプラント(50代女性)

症例次へ症例

【治療前】
「きれいに治してほしい。歯がないところは作ってほしい。」と、来院されました。

【治療後】
約1年後、インプラント治療、ホワイトニング、セラミック治療により、白く若々しい美しい歯列が完成しました。

費用:800,000円(税別)

前歯インプラント(30代女性)

症例次へ症例

【治療前】
「歯が折れてしまった。きれいに治してほしい」と来院されました。

【治療後】
抜歯をして約8ヶ月後、インプラント治療を完了しました。
「前よりきれい」と大変喜んで頂けました。

費用:350,000円(税別)

部分矯正(30代女性)

症例次へ症例

【治療前】
「見える所だけ、歯並びを治したい」と来院されました。

【治療後】
8か月ワイヤー装置装着。短期間で大変満足頂けました。

費用:320,000円(税別)

叢生(20代女性)

症例次へ症例

【治療前】
「歯並びをきれいにしたい」と来院されました。

【治療後】
3年間ワイヤー矯正を行い、きれいに仕上がりました。

費用:460,000円(税別)

正中離開(30代女性)

症例次へ症例

【治療前】
「歯並びを治したいけど、装置は見えないほうがいい」と相談のため、来院されました。

【治療後】
上の歯の裏側にワイヤーの装置を付け、約半年で完了しました。
「全く見えないのでうれしい」と治療中も喜んで頂けました。

費用:375,000円(税別)※片顎のみ

反対咬合(20代男性)

症例次へ症例

【治療前】
「見えない方法で反対咬合を治したい」と来院されました。

【治療後】
約2年間、裏側にワイヤー装置を付け、完了しました。

費用:750,000円(税別)

小児矯正 上顎前突(7才女性)

【1期治療前】症例
「歯並びが悪くなりそうで、心配。」と、親子で来院されました。
診断により、上顎前突とわかったので、成長期を利用して治療することになりました。

次へ

【2期治療前】症例
取り外し式の床装置を夜間使って、顎の成長のバランスをとりました。

次へ

【2期治療後】症例
1年間だけワイヤーを装置し、歯列を整えました。
「一生大切にする」と大変喜んで頂けました。


費用 1期治療:220,000円(税別)
   2期治療:230,000円(税別)

インビザライン(20代女性)

症例次へ症例

【治療前】
「ワイヤーは使わないで、歯並びを治したい」と来院されました。

【治療後】
10か月インビザラインを装着し、完了しました。

費用:400,000円(税別)

エシックス(20代女性)

症例次へ症例

【治療前】
「1本だけ曲がった歯を治してほしい」と来院されました。

【治療後】
半年間エシックスを装着し、完了しました。

費用:200,000円(税別)

前歯オールセラミック (30代女性)

症例次へ症例

【治療前】
「保険治療でいれた前歯をきれいにしたい」ということで来院されました。
自然な美しさが良いということで、オールセラミックを選択されました。

【治療後】
約2ヶ月後、治療を完了しました。
長期的に維持できるよう、根管治療も精密に行い、自然な美しさに仕上がりました。

費用:600,000円(税別)

前歯オールセラミック(20代女性)

症例次へ症例

【治療前】
「前歯をきれいにしたい」ということで来院されました。
前歯の重なりも気になるということで、ワイヤーレス矯正で重なりを治した後、
ホワイトニングとセラミック治療を行いました。

【治療後】
約半年のワイヤーレス矯正後、さらに2カ月で全ての治療を完了しました。
左右が対象になり、美しい笑顔になり、大変満足頂けました。

費用:800,000円(税別)

前歯オールセラミック(30代女性)

症例次へ症例

【治療前】
「笑うと歯が曲がっているので笑えない、きれいにしてほしい」ということで来院されました。
4本のオールセラミックで、歯の形や向きを改善する治療計画を立てました。

【治療後】
ホワイトニングも行い、約2カ月で完了しました。
「自信をもって笑える。信じられないくらいうれしい」と、大変喜んで頂けました。

費用:600,000円(税別)

臼歯セラミック(30代女性)

症例次へ症例

【治療前】
「全部きれいにしたい。奥歯まで白くできますか?」という相談で来院されました。
古い金属は全てはずし、必要な歯内治療(虫歯治療や根管治療)、ホワイトニング、セラミック治療を行う治療計画を行う治療計画を立てました。平行して、歯肉の健康を守る歯肉ケアや、虫歯予防のためのケアも行いました。

【治療後】
約半年後、全ての治療を完了しました。
非常に健康的で美しい歯列が完成し、「自信を持って笑える」と喜んで頂けました。

費用:450,000円(税別)

フルジルコニア(20代女性)

症例次へ症例

【治療前】
「虫歯治療で金属だらけになりたくない。きれいに治療してほしい」と希望され、来院されました。
虫歯がかなり進行していたので不安がたくさんあったようですが、十分なカウンセリングを行い、美しさと健康を長期的に維持できるフルジルコニアの治療を選択されました。

【治療後】
約2ヶ月後、すべての治療を完了しました。ホワイトニングも行い、美しく仕上がりました。
「治療してよかった」と大変喜んで頂けました。

費用:390,000円(税別)

ホワイトニング (20代女性)

症例次へ症例

【治療前】
「歯を白くしたい」という事で来院されました。
ホワイトニングのコースは、ホームホワイトニングを選ばれました。

【治療後】
痛みはほとんどなく、約2週間で十分な白さになり、大変満足して頂きました。

費用:30,000円(税別)

ホワイトニング(30代女性)

症例次へ症例

【治療前】
「歯が黄色いのがコンプレックス、自然な白さになりたい」と来院されました。
ゆっくり徐々に白くできるホームホワイトニングを選ばれました。

【治療後】
少しずつ自然に白くなり、大変喜んで頂けました。

費用:30,000円(税別)

ホワイトニング(20代女性)

症例次へ症例

【治療前】
「できるだけ白くしたい」と来院されました。
ホワイトニングのコースは、オフィスホワイトニング+ホームホワイトニングを選ばれました。

【治療後】
約3週間で輝くような白さになり、大変喜んで頂けました。

費用:60,000円(税別)

ヘルスケア歯科クリニックスタッフ

スタッフ紹介

歯科衛生士・歯科助手・受付のインタビュー

好きな言葉
「健康」「感謝です」「一期一会」

仕事に対するモットー

・患者様の表情、しぐさ、言葉などから、色々なことを感じ取れるように広い視野で物事を見ることができるように心がけています。患者様が、自分のことを理解してもらえていると感じてもらえたときに、初めて信頼関係が築けると思うからです。

・多くの患者様が恐怖心を持って歯医者に来られます。なるべく患者様に恐怖心を与えないように声かけや笑顔で対応するように心がけています。
ほかにも何を不安に思っていたり、心配されているか聞き出したり、感じ取れるように努力しています。

・数ある歯科医院の中から、選んで来てくださっているので、治療に対しての恐怖心や不安を少しでも和らげてあげられるように、いつも笑顔で、おもてなしの心を持って患者様に対応するように日々心がけています。

患者様から言われてうれしかった言葉

・「こんなこと、あなたにしか相談できない」と口の中の悩みを相談されたこと

・「前は歯医者が嫌いだったけど、治療が終わって来れなくなるのがさみしい」と言われたことです。

・引っ越しされた患者様に「せっかく良い病院に来れたのに、またもし広島に戻ったらまたお願いします」と言われた。

ズバリ!当院の一番の魅力は?

・しっかりとしたカウンセリングをもとに、患者様と一緒に治療を進めていくところです。

・院内が清潔なところ、スタッフ全員優しいところだと思います。

・患者様一人ひとりにしっかり向き合って治療をしていくところ

やりがいを感じるのはどんなとき?

・長い治療が終わったとき、最後に治療して良かったと笑顔で帰られるとき。

・感謝してもらえたり、役に立てたと感じたときです。

・治療後のキラキラした笑顔を見たとき。「ありがとう」と言われたとき。

最後に、院長はどんな人?

・常に向上心を持って、新しいことにもチャレンジされているところをとても尊敬しています。

・いつも患者様の立場になって考える優しい先生です。

・常に患者様のことを考えられていて、良い治療を提供しようと努力されている、真面目で誠実、とても信頼できる方です。


矯正歯科医プロフィール

スタッフ紹介矯正歯科認定医 宮宇地 真由

経歴
広島大学歯学部歯学科卒業
広島大学歯学部歯科矯正学講座
日本矯正歯科学会 認定医取得

<所属学会>
日本矯正歯科学会
中・四国矯正歯科学会
日本舌側矯正歯科学会

好きな言葉
・笑う門には福来たる
・感謝

仕事に対するモットー
・機能だけではなく、顔や体とのバランスをふまえた口元の美しさを追求しひきだすこと。
・治療期間を通じて、技術、コミュニケーションの質を大切にする。
・他科の歯科医師にも意見をきき、治療の質を上げる。

患者様から言われてうれしかった言葉
・こだわった治療をしていて、安心感がある。
・子供さんからは「おもしろい」と言われる。
・きれいな歯並びになって、歯を見せて笑顔ができるようになった。

ズバリ!当院の一番の魅力は?
チームワークの良さと治療の質の高さ。
各々専門分野の違う歯科医師が、さまざまな視点から問題点を話し合い、スタッフ全員で全力で治療を行うところ。

やりがいを感じるのはどんなとき?
患者様の治療が終わり、口元がきれいになり、笑顔で喜んでもらえたときが、本当に最高にうれしい瞬間です。

最後に、院長はどんな人?
・歯科医師としても、一人の人間としても尊敬できる人。
・院長にほめてもらうととてもやる気がでます。

よりよい歯科医療を目指して

院長あいさつ

患者様のためになる歯科医院を開院したい。
2004年に当クリニックを開業するにあたって、私たちが最も大切にしたのは、そんな想いでした。

それというのも、勤務医であると「患者様のために」と思い、技術面・衛生面などの新しいことを取り入れようとしても簡単ではありません。それにもかかわらず、多くの患者様が医師を信頼し、毎日、安心して足を運んでくださる。このままでは申し訳ないという気持ちが日々募るばかりでした。

また、当時の勤務態勢では一人ひとりの診療に時間をかけることが難しく、スピードが要求されたためにどうしても納得のいく治療ができませんでした。できることならば、来院してくださる患者様を大切にして立ち向かい、十分に時間をかけて恥ずかしくない治療をしたい。けれども勤務医の立場では、それは叶わない夢でした。

おもてなしの心で患者様を迎える

院長あいさつそこで決意も新たに二人で立ち上げたのが、ヘルスケア歯科クリニックです。

私たちの医院を作り上げるからには、当初の想いに徹底的にこだわることにしました。医院の立地は街中。市内の患者さんはもちろんのこと、遠くから来る患者様でもすぐにわかる場所を選びました。それが「袋町」です。袋町、袋町小学校前と言ったら、市内のほとんどの方がわかりますからね。

院内の環境、衛生管理には最大限の注意をはらうと同時に、雰囲気作りについても細やかに神経を使い、初めて来院する女性の患者様でも安心してリラックスできるような空間を提供することに知恵を絞りました。

また、環境だけではなく、患者様に最良の治療を受けていただけるよう、私たち医師をはじめスタッフ一同が日々研鑽に努めています。大切にしているのは「おもてなしの心」です。たとえ患者様の目に入らないところであっても手を抜かない。これは私たちが共有している約束です。

もし私たち自身がひとりの患者として当クリニックを訪れたとしても「来てよかった」「自分が話すことに十分に耳を傾けてくれた」「小さな要望にも応えてくれた」「思いどおりの治療をしてくれた」と笑顔で帰ることができる。そんな医院でありたいというのが私たちの願いです。

また当クリニックには、カウンセリングとは別に「ヒアリング制度」があります。これは、初めて来院された患者様からはどんなことでもいいから話を聞き、その方が"何を求めて来ているか"を聞き出すためにあるものです。

患者様のお相手をするのは受付のほかに衛生士や歯科助手などがいますが、彼らに対しては患者様が話したことはすべて伝えるように決めています。私たちは彼らから伝えられた情報をフィードバックさせて治療に活かしていく。その結果として患者様と私たちの間に信頼関係が生まれ「もっと早く診てもらえばよかった」「思っていた以上に歯が白く、キレイになった」といった感想を引き出すことができれば、これに勝る幸せはありません。

最先端の技術と設備で治療にあたります

院長あいさつ医療の現場では、治療器具や治療技術、あるいは材料ひとつにおいても日々精度を上げながら進歩しつつあります。私たちが開業してからも、その進歩の度合いには目を見張るものがあります。

それらが患者様の治療に役立ち、幸福に結びつくものであるかぎり、私たちは最大限の努力を払って先端技術を取り入れ、研究を重ねて、より高いレベルの治療を行っていくことを肝に銘じています。

インプラント・矯正歯科・審美歯科・ホワイトニング・予防歯科・根管治療・歯周病治療。私たちが扱っているのは、すべて患者様のお口の中で行われる"仕事"です。つまり体内で行う仕事なので、安全であると同時に治療したあとも長くお口と体の健康に貢献し続けるものでなければなりません。

また、安全を土台に美しくあり続けることも大切なポイントだと考えます。その考えを実現するため、私たちは最新の技術・材料の中でも、患者様の利益につながるものをできるだけ多く導入し、患者様が一生涯健康で美しい笑顔でいられるようお手伝いをしたいと考えています。

たとえばインプラント治療においては毎年ヨーロッパや米国で勉強し、常に世界水準の技術が提供できるよう努めています。CTその他、最新の設備を導入して精密な診断をくだし、治療後もメンテナンスを続けていきます。おかげさまで、すべての症例における予後は順調です。これからも時代の進歩に応じた最高の設備・技術・環境での治療をお約束します。

また審美・美容歯科においては、健康で自然な美しさを保ち続けられる治療こそ本当に価値ある治療だと私たちは考えています。 患者様それぞれの個性に合った「究極の美しさ」を実現するまで、あらゆる技術を使ってお付き合いいたします。 治療中には仮のプラスチック歯を使用することによって患者様の審美的要求にお答えしています。当クリニックの熟練したスタッフのアシストと精巧な技術で、精密かつ美しい仕上がりを提供できることをお約束します。

信頼される喜びを明日の診療に活かします

院長あいさつじっくりと時間をかけて診療にあたるということは、裏を返せば患者様に少なからぬ忍耐を強いることでもあります。少しでもていねいに治療をしようとするとき、患者様は私たちの求めに応じてじっとお口を開けてくださいます。

特にお年を召した患者様の場合、お口を開け続けているのは難行苦行と言っていいかもしれません。しかし、そうやって耐えてくださった患者様が笑顔を浮かべて帰っていくのを見るたびに、私たちは患者様から深く信頼されている喜びを感じずにはいられません。

患者様の中には、広島だけではなく、遠くは神奈川や新潟から足を運んでくださる方もいらっしゃいます。かつて当クリニックで受診していたけれども、転居をしたために遠くなってしまった患者様です。普通ならば引っ越しとともにかかりつけの歯科医も替えるところですが、年に3~4回と頻度こそ減っても必ず私たちの治療を受けてくださるのです。医療に従事するものとして、これ以上の喜びがあるでしょうか。

私たちが最新の設備と最先端の技術を提供して患者様の治療にあたることは当たり前です。けれども、私たちの医療に対する思いを受け入れて、予約の時間を守り、治療のつらさに耐え、なおかつ遠くからも足を運んでくださる患者様の信頼に応えることこそが私たちの使命と肝に銘じ、明日の医療に役立てていきたいと思っています。

歯科医師プロフィール 菊崎 健司

院長あいさつヘルスケア歯科クリニック 菊崎 健司

【略歴】
広島大学歯学部大学院卒業
広島大学歯学部附属病院補綴科(現在、義歯・インプラント科)勤務
1999年7月 歯科医院開設
2004年1月 リニューアルオープン
2005,2006年 リスボン Clinica Malo Education

【所属学会】
日本歯科補綴学会 会員
日本インプラント学会 会員
International Team for Implantology メンバー

歯科医師プロフィール 菊崎 民子

スタッフ紹介ヘルスケア歯科クリニック 菊崎 民子

【略歴】
広島大学歯学部卒業
1999年7月 歯科医院開設
2004年1月 リニューアルオープン

【所属団体】
日本ヘルスケア歯科研究会 正会員
日本歯科審美学会会員

お口、臭くありませんか?

口臭

口臭とは、吸気とともに口腔から発生し、口腔を通じて発散される悪臭のことを言います。また、このような強い口臭で悩んでいる状態のことを口臭症と呼んでいます。

口臭の改善方法や治療内容は、口臭の原因によって異なります。むし歯や歯周病が原因であれば、それらを治療する必要があります。また口の中の不衛生によるものであれば、歯みがき指導や歯のクリーニングを行います。

こうした治療方針や治療内容を決定するためには、口臭の原因を突き止めることが重要です。

口臭の原因口臭
●虫歯や歯周病によるもの
●消化器疾患などの病気によるもの
●起床時や空腹時など生理的なもの
●食べ物や精神的ストレスによるもの
●口の中の不衛生によるもの

こんな方は当クリニックへご相談ください
●自分で口の臭いが気になる方
●家族や友人から口が臭うと言われた
●長い期間、口の臭いでお悩みの方

ほんだ式口臭治療法

当クリニックは、大阪にある口臭外来専門のほんだ歯科と提携しています。ほんだ歯科が行っている「ほんだ式口臭療法」とは、日本の口臭治療の第一人者とも言える本田俊一先生が確立させた口臭治療法です。

この治療法は歯科だけでなく、西洋医学、東洋医学、薬学、心理学など、あらゆる医学分野の研究を重ねて生み出されたもので、いまや世界の口臭治療のスタンダードとなりつつあります。当クリニックでは、ほんだ式口臭治療をもとにした生活指導、治療に役立つグッズの指導を行っています。

ほんだ歯科WEBサイトはこちら

2014年1月 7日

細菌によって歯を失ってしまう病気です

歯周病治療

歯周病とは、歯垢(プラーク)の中にいる細菌によって引き起こされる病気です。歯と歯ぐきの境目付近に付着した歯垢から、歯の根に沿って歯周病菌が歯ぐきの内部に入り込み、歯を支えている組織をじわじわと壊すことによってさまざまな症状が発生します。

歯周病治療は当クリニックでも力を入れており、患者様には歯周病が進行していく絵をお見せしながらご説明しています。

日本人の成人8割が歯周病にかかっています

歯周病治療近年の厚生労働省の調査・統計によれば、日本人の35歳成人の80%以上が歯周病に感染しています。しかし、35歳になってから突然歯周病になるわけではありません。実は10代から少しずつ進行し、20年の歳月をかけて歯肉がじわじわと侵されているのです。

歯周病は自覚のない病気です
歯周病に気づかず見落としたままでいると、30代を迎える頃には歯ぐきから血が出るといった症状が現れ始めます。虫歯と違ってほとんど痛みがないため、自覚症状が現れる頃には、すでに重症の歯周病に冒されていて抜歯するしかないということもあり得ます。

当クリニックでも、別の治療で訪れた患者様に「歯肉の状態が悪いようですが、検査してみますか?」と聞くことがあります。検査の結果、歯周病だとわかった9割以上の患者様は治療を受けていらっしゃいます。やはり、自分の歯は自分で守るのが基本です。

こんな症状が出たら歯周病検査を受けましょう
●歯ぐきから血が出る
●歯肉が腫れている
●口臭が気になる
●歯ぐきがやせて、歯がグラグラしている
●歯と歯の間の隙間が大きくなって食べ物が挟まりやすくなった

歯周病ではこんな検査を行います

歯周病治療患者様のご希望によって、「ポケットの深さの指数」「歯の動揺の有無」「出血の有無」「プラークの有無」などを調べる、各種検査を実施しています。初期の歯周病には自覚症状がほとんどないため、検査結果に驚かれる方も少なくありません。

歯周病は全身疾患を引き起こします

歯周病治療歯周病や虫歯を引き起こす細菌は、全身の病気に対しても悪い影響を与えることがあります。病原菌が口腔内にとどまらず、血管をとおして体に広がっていくことで、さまざまな新しいリスクが広がっていくのです。健康な毎日のために、1日も早く歯周病の治療をお受けいただければと願っています。

歯周病と関連のある全身疾患
●誤えん性肺炎
●動脈硬化
●糖尿病
●脳血管障害(脳梗塞、脳血栓、くも膜下出血)
●虚血性心疾患(不整脈、狭心症、不整脈)
●細菌性心内膜炎

歯周病の進行度合いと治療法

1.軽度歯周病軽度歯周病
歯と歯肉の間についた歯垢・歯石に細菌が繁殖して、歯肉に炎症が起き、歯が腫れたり出血したりしている状態です。この段階ならば、1~2回の専門的なクリーニングを受けることと効果的なブラッシングを行うことで治癒します。

2.中等度歯周病中等度歯周病
出血・口臭がひどくなり、歯石も目立つ状態です。歯周ポケットも深くなり、少しずつ骨が減っていき、歯がガタガタし始めます。この段階では、ていねいな歯垢の除去、痛みのある場合は麻酔をしてスケーリングなどの施術が必要となります。また歯周ポケットの深さが5mmを超える場合、歯周外科の施術が有効な場合があります。

3.重度歯周病重度歯周病
歯周病がさらに悪化し、歯肉が化膿して赤く腫れあがります。歯を支える骨もかなり減ってしまった状態です。歯のぐらつきもかなり大きくなります。歯周外科による治療が必要です。進行度合によっては、抜歯が必要となる場合もあります。

重症化した歯を再生させます

根管治療

歯を治療したあとに、痛みや腫れを訴えることがあります。そのまま放置していると、歯の神経が壊死し、根の先に膿がたまって歯ぐきが腫れてきます。その状態になると治療が難しくなり、ひどいときには抜歯をしなければなりません。根管治療とは、細菌に感染した歯の根の中をキレイに洗浄・殺菌し、歯を再び生かすための治療です。
 

マイクロスコープを使った根管治療

マイクロスコープ最小限の侵襲での治療を最小の修復で行うためには、処置範囲が小さくなればなるほど、細かな作業や高い精度が要求され、肉眼での治療には限界が生じてきます。そこで視野を拡大するルーペ、もしくはさらに拡大された鮮明な術野を得るためのマイクロスコープが必要となってきます。

当クリニックでは、マイクロスコープを利用して歯科治療にあたっております。肉眼の約20倍も拡大できるため、より繊密な治療を施すことができます。

治療水準を向上させるという点においては、もはやマイクロスコープはなくてはならない存在となっています。少しでも長くご自身の歯を保っていただくためにも、マイクロスコープを使用した体に負担の少ない最新の治療をご提案いたします。

根管治療の流れ

一般的な根管治療は次のような流れで行います。

【STEP1】根管治療の流れ
レントゲン撮影を行い、神経があるところに細菌が入って炎症を起こしているのか、神経がないところに炎症が起きているのかを判断します。

次へ

【STEP2】根管治療の流れ
歯の内面の感染した部分を取り出し、殺菌します。ファイル(細い針金の横に刃が付いている器具)やマイクロエキスカ(細い針金の先端にスプーンのような物がついた器具)を使います。難治性の場合は、光殺菌LAD治療)を行うことがあります。

次へ

【STEP3】根管治療の流れ
炎症が起こっている根管の先まで薬を詰め、細菌が入らないようにフタをします。

次へ

【STEP4】根管治療の流れ
根管治療後の歯は、症例によって詰め物あるいは被せ物を取り付けます。

神経が壊死すると歯が黒ずむのはなぜ?

根管治療神経が壊死しているのに治療をせずにいると、内部が血液の成分から着色して歯の色が変わってしまいます。こうなると元に戻すのは難しくなります。しかし、ある程度ならば内部を歯牙漂白することもできます。歯の裏側に穴を開けて漂白する治療法です。

被せ物をしたくないという患者様の場合、この方法を選ぶ方が多くなっています。それでも時間が経つと変色のリスクは出てくるので、大多数は漂白を繰り返すこととなります。

歯の健康は体の健康でもあります

予防歯科

当クリニックは健康にこだわり、予防歯科にも力を入れています。また、説明したり写真をお見せしたりしながら、再発の危険性を繰り返しお伝えします。

歯が健康でなければ食べ物をしっかり噛むことができず、栄養吸収の妨げとなったり免疫力の低下を招いたりして体全体の健康も損なわれてしまいます。免疫力が下がると日和見菌という、人体に住みついている菌が害を与えるようになるなど、さまざまな病気を引き起こす可能性があります。

逆に、菌のバランスが崩れないように整えておくことで、発症リスクは大きく下がると考えられています。歯を健康に保つことは、体全体の健康につながっているのです。

虫歯はもとには戻りません

予防歯科予防歯科とは、大切な歯を虫歯や歯周病から守るための「予防」を中心とした治療です。一生涯、ご自分の歯で健康な食生活を送るためには、口腔内の維持管理が重要です。しかし、毎日しっかり歯を磨いても、汚れを完全に取り除くことはできません。

そこで、定期的に歯医者に通いお手入れをしてもらうことで、お口の中を清潔に保つことができます。虫歯や歯周病が悪化してしまうと、完璧に治すことはできないことから、最近では予防歯科の大切さが広く認知されるようになっています。

80歳でも20本の歯を保つために

予防歯科予防歯科が浸透しているスウェーデンでは、80歳の方でも平均20本の歯を保つという事実があります。一方、日本では現在、80歳の方の平均残存歯数はたったの8本(厚労省調べ)しかありません。通常、28本の歯があるのに、約1/4しか残ってないのが現状です。

歯は一度削ってしまうと元には戻らないうえ、治療を重ねるたびにどんどん削る量が増え、その寿命を縮めてしまいます。歯を長持ちさせるためには、まずは虫歯にならないように予防すること。そして治療した歯は、しっかりとメンテナンスを行い、再治療をなるべく防ぐことが重要です。

こんな方には予防歯科がお勧めです

予防歯科●虫歯や歯周病を防ぎたい方
●歯みがきをしているのに、虫歯になってしまう方
●口臭が気になる、口臭を指摘された方
●歯ぐきが後退してきている方

エステ感覚で定期検診を

予防歯科予防歯科で重要なのは「専門的なクリーニング」と「正しいブラッシング」です。エステでさっぱりと気持ちよくなるように、専門的なクリーニングを受けてみませんか?

当クリニックで行っているクリーニングのメニューは、エアフロー、トリートメント、スケーリングです。

<エアフロー>
水と超微細なパウダーをウォータースプレーで吹き付け、歯の表面の汚れを強力に取り除きます。歯面を傷つけることなく、タバコのヤニ・コーヒー・紅茶・ワイン等のしつこい着色汚れを短時間で効果的に除去する効果があります。

<トリートメント>
特殊なペーストを用いて、歯面の細かい傷を直して着色しにくくする方法です。

<スケーリング>
歯面に付いた歯石を取り除く方法です。

お口の状態に合わせたブラッシング指導

予防歯科虫歯や歯周病の原因のほとんどは、ブラッシング不足によるものです。当クリニックでは、患者様がどのような磨き方をしているか聞き取りをして、歯ブラシをご紹介し、衛生士が磨く「術者磨き」を体験していただきます。「自分で磨くのと違いますか」とお聞きすると、多くの患者様が「あ、違いますね」と感動してくださいます。

テクニックは毛先を使うこと。正しい歯みがきで、大切な歯を守りましょう。当クリニックでは、一人ひとりのお口の状態や歯並びなどに適したブラッシング指導を行っています。

メール・葉書で定期検診のお知らせをします
当クリニックで治療を受けられた患者様には、ご希望の方に検診のお知らせをしています。また、治療のときに「メンテナンスした方がいいですよ」と衛生士がお勧めすることもあります。予防歯科の重要性を説くのは治療の初期からで、折りを見ては写真をお見せするなどして虫歯や歯周病再発の危険をお伝えしています。

落ちにくい黄ばみを白くリフレッシュします

ホワイトニング

ホワイトニングとは、歯みがきや歯のクリーニングでは落ちない、加齢や遺伝による歯の黄ばみや飲食物で着色してしまった歯を、削ることなく白くする方法です。歯の表面にホワイトニング剤を塗布し、歯の黄ばみ、色素を分解して歯を白くしていきます。審美歯科治療を行う患者様にも、オプションとしてお勧めしています。

当クリニックのホワイトニングシステム

ホワイトニング漂白と言えば「歯に悪いのでは」というイメージがありますが、その安全性はFDA(アメリカ食品医薬品局)により認められ、アメリカではポピュラーでたくさんの方が行っています。

当クリニックではホワイトニングの楽しさをすべて経験したスタッフが治療を行います。また、当クリニックのホワイトニングシステムは、経済的で、安全かつ確実にホワイトニングしたい方にお勧めです。

オフィスホワイトニング

ホワイトニング時間をかけずに歯を白くする方法です。当クリニックで行うもので、1時間程で効果が実感できるため、時間をかけずに歯を白くしたい方に適しています。専用のホワイトニング剤を歯に直接塗り、歯に付着した黄ばみや色素を分解していきます。

短時間ですみますが、薬剤の浸透が浅いため、後戻りしやすい難点があります。より長く白さを保つために、ホームホワイトニングとの併用をお勧めします。

ホームホワイトニング

ホワイトニング歯科医から指導を受け、患者様がご自宅で行うホワイトニングです。専用のマウスピースを作り、その中にホワイトニングジェルを入れて装着します。1日30分~4時間程装着することによって、1~4週間で効果が現れます。

手軽にできますが、その反面、効果が現れるまである程度時間がかかり、自己管理も必要です。低濃度の薬剤を使うので時間をかけてじっくりと白くしていく必要がありますが、時間をかける分だけ薬剤が深く浸透して、オフィスホワイトニングよりも効果が持続します。

ホワイトニングで感じる痛みについて

ホワイトニング最新の機器と方法により、痛みが起こりにくいよう配慮して行います。ホームホワイトニングの場合も、まれに歯がしみるような症状(知覚過敏)が起きるケースがありますが、一時中断すれば症状は軽減または消失します。

また、患者様によっては、治療後に軽い違和感を覚えるケースがあるようですが、こちらも短時間で回復します。

美しい口元が若返らせてくれます

審美歯科

歯の美しさや白さを重視した治療が、審美歯科治療です。若々しく健康的な美しい口元になると、患者様の目がパッと輝く瞬間があります。今まで家の中に閉じこもりがちだった方が積極的に外出されるようになったり、自分に自信が持てるようになって仕事がうまくいったりと、患者様の笑顔が自然と多くなり、どんどん素敵になっていきます。

「もっと早く治療すればよかった」そんな患者様の声が多く聞かれます。当クリニックでは、患者様が若々しく健康的になるための、お役に立てればよいと考えています

こんな方におすすめします

審美歯科●営業職、接客業、管理職の方
●ビジネスで成績向上を目指す方
●タバコ、コーヒー、お茶、赤ワインを好まれる方
●口臭が気になる方
●歯の清潔感にこだわる方
●歯の健康に気を使う方
●婚活中の方
●挙式を控えた方
●同窓会、パーティー、イベントを控えた方

患者様に納得していただく治療法をお勧めします

審美歯科当クリニックがお勧めするのはセラミックです。自然な色合を再現しやすく、審美性に優れた人工歯です。特に前歯の治療に使われます。金属を一切使用していないので、金属アレルギーをお持ちの方でも安心です。

ほかにも、プラスチックを混ぜ合わせたハイブリットセラミックがあります。これは審美歯科医院でよく使われているものですが、材質が弱いうえにプラークがつきやすく、変色しやすいというデメリットがあります。

患者様にはこうした材質の違いや耐久性などをよく説明し、納得していただいたうえで最良の治療を行います。

わかりやすい説明を心がけています
セラミックとハイブリッドセラミックの違いを説明するとき、例えとしてよく使うのが食器です。セラミックの食器は、傷つきにくく色も変わらず汚れも取りやすいのですが、プラスチックの食器は、傷がつきやすく汚れが染みついて色も変わりやすいという特徴があります。

こうした説明は女性の患者様にはすぐにご理解いただけ、納得のうえで治療を受けていただいています。

ネイルチップのようなラミネートベニア

審美歯科歯の表面を爪の厚さほど削り、ネイルチップのように薄いセラミック製の板を貼りつける方法です。主に前歯や小臼歯に使います。色も透明感も、本物の歯とほとんど見分けがつかないほど自然に仕上がります。

この方法は、ホワイトニングで白くすることのできない変色歯や、色と同時に歯の形も整えたいという場合に最適です。歯のエナメル質しか削らないため、痛みはほとんどありません。この治療法はほかと比べても歯を削る量が極端に少なくてすみ、歯へのダメージを最小限に抑えることができます。

セラミッククラウン

審美歯科治療する歯に大きな虫歯があるなどして、ラミネートベニアでは対応できない場合、削った歯の上にセラミック製の冠を被せます。セラミッククラウンには、セラミック製の冠の内側に金属の裏打ちがあるメタルセラミックと、セラミックだけで作ったオールセラミッククラウンの2種類があります。

保険診療と自費診療について

保険診療と自費診療審美歯科治療の場合、使用する材質によって保険が適用できたり、保険適用外になったりします。しかし、保険が適用されるレジンや金属より、保険適用外ではあっても、セラミックを用いた方が美しさや耐久性に優れた仕上がりとなります。ただし、奥歯など外から見えにくいところには保険適用の金属、という選択肢もあります。

歯科は、保険内の治療と保険外の治療がとても複雑に分かれています。患者様にとって経済的負担を考慮することも大切な要素です。当クリニックでは、あくまでも患者様の意思を尊重した治療法をさせていただいています。

美しさと健康を提供する矯正歯科

矯正歯科

当クリニックでは、健康で自然に美しくあり続ける治療を行い、患者様の個性に合った「究極の美しさ」まで、あらゆる技術を使ってお付き合いいたします。

歯並びが悪いことで、肩こり・頭痛・めまいなど、体に影響が出てくる場合もあります。歯並びや噛み合わせを整えることは、見た目をよくするだけでなく、健康な食生活を送るためにも大切なのです。

矯正には多くのメリットがあります

矯正歯科近頃は、成人式や結婚式、就職活動などのシーンに合わせて矯正する若者が増えています。矯正をして見た目が改善されることで、自分に自信を持てるようになるからです。また、食べものをしっかり噛めるようになって消化吸収がよくなるという恩恵ももたらします。

さらにブラッシングがしやすくなるので、自分の歯を一生保つことができるといった多くのメリットが望めます。

口腔内の健康にこだわっています

矯正歯科矯正と言うと、どうしても見た目をよくすることに関心を奪われて、中には前歯だけ治してほしいという要望も耳にします。けれども、当クリニックは口腔内の健康にこだわっているので、前歯だけの治療ではなく、理想的な噛み合わせを得るための奥歯を含めた治療のご提案を行っております。

矯正していることがわからない【舌側矯正】

矯正歯科「矯正で歯並びを整えたい」と来院する患者様にとって、いちばん気になるのは見た目の問題ではないでしょうか。できるものなら他人に知られず矯正治療をしたい、と考えるのも無理のないことです。

そこで当クリニックでは、見た目では矯正しているのがまったくわからない舌側矯正(ぜっそくきょうせい)を提案しております。この手法は装置を歯の裏側につけるので、見た目に矯正中ということがわかりません。営業職、接客業など、人前に出る仕事についている方にもオススメの矯正治療です。

<舌側矯正のメリット>
●周囲の人に気付かれにくい
●幅広い年齢層の方が装着できる
●普通の矯正装置とほぼ同じ結果が得られる

見た目が自然な【ワイヤーレス矯正】

矯正歯科ワイヤーレス矯正とは、前アメリカ矯正学会会長のジャック・シェルダン教授が開発した画期的な矯正方法で、従来のような矯正ワイヤーをまったく使わないので、見た目にも自然で目立ちません。

費用もワイヤー矯正の1/2~1/3という最新の矯正治療法です。食事やデート中、商談時などは外すこともできるので、非常に便利です。

<ワイヤーレス矯正の特徴>
●透明なので矯正装置が目立たない
●通常8か月以内という短期で治療完了
●プチ矯正を考えている方には非常に経済的
●デートやお食事のときに取り外せる
●ホワイトニングも同時に可能

矯正認定医による【ワイヤー矯正】

矯正歯科ワイヤー矯正とは、ブラケットという矯正装置を個々の歯に装着し、歯を動かす治療法です。ブラケットには金属とセラミック、2種類の素材のものがあります。

セラミック製は白くて目立たないのが特徴ですが、現在はさらに白いワイヤーも開発され、より目立ちにくくなりました。装置全体が歯の色に近いので、患者様に大変喜んでいただいています。

矯正後の顔面シミュレーション写真をご覧いただけます
ワイヤー矯正を行う場合には、コンピュータグラフィックスを使って矯正後の写真を作成し、患者様に確認していただきます。抜歯をして矯正をした場合の容貌の変化と、抜歯をせずに矯正をした場合の容貌をご覧いただいたうえで、治療法を決めていきます。患者様に治療のゴールをお見せすることによって、納得感のある治療をご提示しています。

痛みの少ない矯正治療を行っています
矯正治療というと「痛い」「怖そう」というイメージをお持ちではありませんか?しかし近年は、技術や装置の進化によって痛みを大幅に軽減できるようになってきました。

これまで、装置を使って歯を動かすときの圧力が強すぎると、歯の根っこ部分(歯根膜)に締め付けられるような痛みが起きる場合がありました。当クリニックでは、圧力を極力下げて、なるべく痛みの少ない矯正を行っています。

ワイヤーの端をまるめて痛みを軽減します
ワイヤーの端がお口の中の粘膜とこすれるために痛みが起きる、というケースがあります。その場合は、粘膜に当たるワイヤーの端部分を丸め、できるだけ粘膜との摩擦を少なくする手法をとっています。また、状態によってワイヤーにカバーをかける場合もあります。

矯正治療の流れはこちら

治療中の虫歯対策を指導します

矯正歯科矯正治療は時間がかかります。その途中で虫歯ができてしまうと、虫歯治療のために矯正治療を一時中断しなければなりません。それでは動いた歯がまた元の状態に戻ってしまい、今までの治療が無駄になってしまいます。

そこで当クリニックでは、衛生士が虫歯予防のために必要なブラッシングの仕方をご説明し、場合によってはフッ素塗布を行っています。矯正と予防はセットであり、もちろん予防の費用は矯正費用に含まれます。

治療の仕上げに審美術でプラチナスマイルを

矯正歯科矯正治療が終わってから審美治療を要望する患者様が多数いらっしゃいます。審美治療とは、通常の歯科で行っている治療に「美」という視点をプラスした歯科治療のこと。

歯を白くキレイにしたり、歯ぐきの色を美しいピンク色に改善したりするなど、健康的で美しい口元を作ることを目的としています。矯正治療によってキレイになった歯並びをより美しくするために、審美治療はとても有効です。

審美歯科へ

小児矯正

小児矯正治療

小児矯正治療が成人の矯正治療と異なる点は、あごの骨格から治療ができることです。小児期は成人に比べてあごの骨が柔らかいため、上あごと下あごの骨格のバランスを整えたり、歯がまっすぐ並ぶように顎骨の幅を広げることができるのが特徴です。

第1期治療が重要です
小児矯正は、永久歯が生え揃うまでの段階で行う「第1期治療」と、永久歯が生え揃ってから行う「第2期治療」の2段階に分かれます。特に第1期治療では、歯の生え変わりやあごの成長との関係で適切な時期に治療を行うことが重要です。詳しくは当クリニックに直接ご相談ください。

取り外しができる拡大プレートによる矯正小児矯正治療
拡大プレートとは、プラスチック製の入れ歯のようなプレートをはめることで、歯の移動と、あごの骨の拡大を行う矯正治療です。装置にはスクリューが装着され、ネジを回転してスクリューを拡げることで歯並びの幅を広げたり歯を動かしたりします。

取り外しが簡単にできるので、食事中は外し、寝るときに装着します。小学1年生から始められます。

虫歯予防にフッ素塗布をいたします
矯正中に虫歯になりやすいのは、お子様も同様です。特にプラークコントロールが重要となるため、衛生士が指導したり、お母様にも指導をお願いしています。また、虫歯予防としてフッ素塗布も行っています。
 

矯正治療の流れ

【STEP1】初診・相談矯正診療の流れ
矯正に関する一般的な質問、費用、治療期間に関して説明します。

次へ

【STEP2】検査矯正診療の流れ
歯の模型、噛み合わせ、口腔内写真撮影を行います。

次へ

【STEP3】診断・治療計画矯正診療の流れ
今後の治療の方針、費用、治療期間に関して説明します。

次へ

【STEP4】矯正装置装着矯正診療の流れ
矯正治療開始です。全体的にクリーニングを行い、矯正装置をセットします。

次へ

【STEP5】矯正治療&クリーニング矯正診療の流れ
矯正装置の調整を毎月行います。

次へ

【STEP6】保定期間矯正診療の流れ
歯がきれいに並ぶと矯正装置を外します。その後、歯を支える骨がしっかりするまでは保定器具・リテーナー(動かした歯を安定させる装置)を使用します。 1~3か月に1回来院していただきます。

次へ

【STEP7】矯正治療終了
矯正治療が終了したあとは、定期的なメンテナンスをお受けください。

予防歯科はこちら

2014年1月 6日

インプラントとは

インプラント

インプラントとは、歯の機能を回復する治療のひとつで、歯を失った部分に人工歯根(インプラント体)を埋め込み、それを土台にして人工歯を被せる治療です。当クリニックでは、歯を失った方のインプラント治療を専門に行っています。

残存歯をいかに残すかにこだわっています
当クリニックでは、入れ歯は扱っていません。それは当クリニックが歯をいかに残すか、ということを大きなポリシーとして掲げているからです。入れ歯は、残っている歯を犠牲にする治療と考え、それに代わる治療法としてインプラントをお勧めしています。

迷っている方、まずはご相談ください

インプラント「顎の骨の中に異物を入れるのが怖い」
「本当に安全なのか不安」
このような、インプラントに対する不安をお持ちの方はいらっしゃいませんか?当クリニックでは患者様の不安や疑問にていねいにお答えしながら信頼関係を築き上げ、安心して治療を受けていただきたいと考えています。

正しい情報を提供します
インプラント治療についての情報は、インターネットでも本でもたくさん見ることができます。けれども、それらから得た情報が正しいとは限りません。

当クリニックでは相談に来られた患者様に対してできるかぎり正しい情報を提供しています。現場で得られた正しい知識と情報から、患者様が抱いていた恐怖や不安を軽減するお手伝いをいたします。

インプラントのメリット

インプラント<最大のメリットは"天然歯に近い噛み心地">
あごの骨の中にインプラント体が定着するので、天然歯と変わらないほどの安定した噛み合わせを取り戻すことができます。また、入れ歯よりも自然で安定した噛み心地を再現できます。

天然歯に近い噛み心地なので、食事も美味しく感じられます。また入れ歯では食べづらいお煎餅などもバリバリと食べることができます。小さなかけらを詰まらせる心配もないので、嫌な痛みもありません。

<嫌な口臭に悩まされることもありません>
インプラントならば、健康な歯を持っていたときと同じように歯みがきをすれば、口臭に悩まされることもありません。見た目も天然歯と変わらないので、大きな口を開け、大声で笑うこともできます。

<発音もはっきりとしゃべることができます>
入れ歯などと比べて発音しやすくなるので、人との会話で煩わしく感じることもなくなります。

<ほかの歯に負担がかかりません>インプラント
部分入れ歯は、バネを入れ歯の両側の歯にかけて固定するため、噛むたびにほかの歯に負担がかかり、両側の歯が抜けやすくなるといったデメリットがあります。けれどもインプラントにはこうしたバネがなく、残っている歯に負担がかかりません。

また、部分入れ歯やブリッジのように、ほかの健康な歯を削る必要がなく、残っている自分の歯の寿命を延ばせるのも大きなメリットと言えるでしょう。

<清潔を保てます>
形が天然歯に近いので、入れ歯やブリッジに比べてお口の掃除がしやすくなります。掃除がしやすいと、入れ歯のように口臭に悩まされることもありません。

残っている歯が少ない方、総入れ歯でも可能です

従来、残っている歯が少ない患者様に対するインプラント治療には、以下の問題点がありました。

●固定式タイプの場合、片顎で最低でも6~8本のインプラントが必要で費用がかさむ
●奥歯は骨が足りないことが多く、骨を作る手術が必要となる場合が多い

オールオンフォー当クリニックが導入したインプラントシステムは、従来の問題点を解決した最新のインプラント治療方法All-on-4(オールオンフォー)です。

All-on-4は、奥のインプラントを骨のある部分へ斜めに埋め込み、インプラントにかかる力を広く均等に配分するため、少ないインプラントでもすべての人工歯を支えることが可能となるのです。

All-on-4の特徴
●インプラント手術後、わずか数時間で義歯を入れ、ものを食べることができる
●埋め込むインプラント体は4本(最多でも6本)で済むので経済的
●骨を作る手術が不要
●手術時間も短く、身体的な負担が軽い
●インプラント埋入成功率98%、最終インプラント義歯装着率100%

インプラント治療の流れ

インプラントの治療期間は、最短で4か月から半年ほどです。その間は、だいたい1~3週間ごとに通院していただく流れとなります。ただし、患者様のあごの状態や歯周病などの有無によっては、さらに半年から1年程治療期間が長くなることもあります。

【STEP1】問診インプラント治療の流れ
最初に衛生士が患者様の全身の健康状態を伺います。内科的な疾患がある場合には、内科医と連携しながら全身管理をしていきます。さらに口腔内チェック、レントゲンあるいはCT画像撮影などによる十分な審査診断を行います。この段階は手術が安全にできるかどうかを、お口の中の状態だけでなく全身についても診断するのが目的です。

問診では、患者様の希望によって、ある程度検査項目を選んでいただきます。たとえばレントゲンだけでなくCT画像撮影もするか、むし歯治療も並行して行っていくかなど。さらに、費用についてもご説明し、患者様に納得していただけるように努めています。

そのあと、レントゲン写真(またはCT画像)などの資料をもとに、ドクターが今後の治療開始を立てていきます。むし歯が見つかった場合には、その治療も始まります。
※むし歯が痛む場合には、最初の問診をした段階で痛みを取る処置をいたします。

次へ

【STEP2】インプラント手術インプラント治療の流れ
歯の根に相当するフィクスチャーと呼ばれる人工歯根をあご骨に埋入します。虫歯治療や抜歯をするときと同じように、局所麻酔で手術をします。術中は、ほとんど痛みを感じることはありません。

骨とインプラントがしっかりと結合されるまでの治療期間は、3~6か月です。ただし、治療期間は骨の質などにより個人差があります。この間、必要に応じて仮の歯を入れることもあります。

次へ

【STEP3】人工歯取り付けインプラント治療の流れ
人工歯を支えるアバットメントという部品をフィクスチャーに連結します。そしてインプラントを含めたお口の中全体の型を取ります。その型に従って人工の歯を製作します。そのあと、アバットメントの上に人工歯を装着して完成です。

次へ

【STEP4】メンテナンスインプラント治療の流れ
インプラントを長持ちさせるためには適切なホームケアと定期的な検診が不可欠です。インプラントはむし歯にはなりませんが、放っておくと歯周病になりかねません。担当医の指導に従い、正しい歯みがきを心がけてください。また、半年に一度、定期検診を受けていただき、インプラントの状態を観察していきます。

手術の痛みや術後の腫れについてもご説明します

インプラント患者様の中には、腫れや痛みを心配される方が少なくありません。そうした方のために、当クリニックでは実例とデータを使ってていねいに説明します。痛みについては個人差がありますが、痛みを感じるとしても抜歯をする程度と言うことができます。

経験上、ご高齢の女性でも十分に耐えられる程度で、それほど心配する必要はありません。また腫れについても個人差がありますが、通常、術後3日目くらいまで大きく腫れることがあり、その後1週間かけて引いていきます。

一般歯科・虫歯治療

一般歯科

食べ物や飲物がしみたり、痛みを感じることはありませんか?それは虫歯の始まりです。風邪を引いて熱が出たときに体を休めると免疫力が働いて回復しますが、むし歯の場合は、一度進行してしまうと二度と元には戻りません。

虫歯にとって大切なのは早期発見と早期治療です

一般歯科虫歯がひどく進行してしまうと、歯を抜かざるを得なくなります。そうならないために最も大切なのは、早期発見・早期治療です。虫歯菌に侵された部分が小さければ小さいほど治療による体への負担が軽くすみ、治療期間や治療費なども抑えることができます。

しみたり痛んだりする前、歯みがきのときなどに歯の色が少し変わった部分を見つけたら、すぐに当クリニックにご相談ください。

虫歯はこうして生まれます

一般的に虫歯(う歯)とは、口の内部で繁殖した細菌が、食べ物含まれている糖分を栄養源にしてネバネバとした酸を出し、歯の表面を溶かして穴をあけていくことを指します。

虫歯の進行過程と治療法
虫歯の進行状態は、専門用語で虫歯を指す「カリエス」の頭文字の「C」を用いて、C0~C4の4段階に分けられています。進行の度合いによって治療内容も変わってきます。

Co(初期う歯)CO
まだ穴があいたり黒く変色していませんが、歯の表面が溶けはじめて虫歯になりかかっている状態です。痛みもまだありません。この段階ならば、フッ素入りの歯磨き剤を使い、きちんと歯みがきをすることで再石灰化させることが可能です。

C1(エナメル質う歯)C1
虫歯菌が出した酸によって歯の表面を覆っているエナメル質が溶け始め、小さな穴があいた状態です。まだ、より深い部分にある象牙質にまで達していないので、痛みはありません。この段階ならば、虫歯になった部分を最小限度削り、白い詰め物をすれば治療が終わります。

C2(象牙質う歯)C2
虫歯がエナメル質の下の象牙質まで達している状態なので、冷たいものや甘いものを食べるとしみることがあります。また穴の部分を触ると痛みを感じるため、治療の際には麻酔が必要です。

虫歯の範囲が小さければ、保険適用内の白い詰め物をすることで治療は終わりです。しかし、深い部分まで虫歯が広がっている場合には、麻酔をして患部を削り、型取りをして製作した詰め物を装着します。

C3(神経まで達したう触)C3
虫歯がエナメル質と象牙質を溶かし、神経にまで到達しています。この段階になると激しい痛みを感じる場合が多くなり、神経が壊死した場合には細菌が根の外で炎症を起こして膿が出たり、歯ぐきが大きく腫れたりします。

このレベルになると、根管治療が必要です。麻酔をしたうえで、壊死した神経や内部に溜まっている膿を取り除き、歯の根の部分をきれいにしてから被せ物をします。

C4(残恨状態)C4
歯のほとんどがなくなってしまい、根だけが残っている状態です。治療可能な歯質が残っていれば、C3のケースと同じように根管治療を行ってから被せ物をします。しかし、症状によっては歯を抜かなければならないケースも多い状態です。

根管治療へ

歯医者にいることを忘れるようなくつろぎの空間

おしゃれでキレイな院内

院内は、落ち着いた色の照明を取り入れ、清潔で温かみのある雰囲気をかもし出しています。リラックスできる待合室は、まるでホテルのラウンジのよう。小さめのソファを配置することによって、プライバシーへの配慮をしています。

また、治療室も目的に合わせて2か所に分けて設置。それぞれのカラーを出しながらも、リッチで大人の女性の感性にぴったりな空間を作り出しています。いずれの治療室も、最新の設備を調えた完全個室となっており、清潔観あふれる環境のなか、リラックスして治療を受けることができます。

歯の健康をトータルに考える治療を行うキュアゾーンキュアゾーン
「歯から始まるヘルスケア」が当クリニックのポリシーです。 キュアゾーンでは、傷ついた歯の治療を行う一般総合治療や矯正治療といった、歯の健康をトータルに考える治療を行います。

完全個室・女性スタッフによる外来応対など、プライバシーを大事にし、安心して治療を受けていただける環境を整えています。

歯を美しく保つケアゾーンケアゾーン
一方ケアゾーンは、審美治療・ホワイトニングなど、歯を美しく保ち、健康をサポートします。リラックスできる空間、充実したカウンセリング、歯から始まるヘルスケアをお約束します。

院内ツアーへ

おもてなしの心を大切にしています

徹底した接遇

初めて当クリニックを訪れる患者様にも快適に過ごしていただけるような、清潔で快適な空間づくり、安心していただけるご案内を目差しています。たとえば、サービスの行きとどいたホテルやレストランのように、スタッフ全員が心より患者様をお迎えし、受付からお帰りになるまでをスムーズにご案内いたします。

心に残るサービスを心がけています
いくらきれいなインテリアが整っていても、居心地がよいとは限りません。初めて来院された患者様が、戸惑うこともなく、まるで馴れた場所であるかのように過ごせるよう、スタッフ全員が日頃から心がけることでその空間の居心地がよくなります。

当クリニックでは常に患者様の立場にたち、いま患者様が何を望んでいらっしゃるかを考えながら、サービスに努めています。

診察券の渡し方にもこだわっています徹底した接遇
どんなに些細なことでも、心にトゲが刺さるようなことがあったのでは、すべての印象が悪くなってしまいます。反対に、初めて接した相手でも気持ちのよい応対があれば、自然に心が打ち解けていきます。

当クリニックでは、患者様の声に真摯に耳を傾け、応対時には診察券をお渡しすることにまで心をこめて、患者様に快適な「時」を提供していきたいと考えています。

虫歯の治療は痛いから苦手、という方でも安心です

痛みの少ない治療

「虫歯を削られるとき痛くないか心配で怖い」「麻酔注射の痛みが苦手」こんな心配をできるだけ小さくするために、当クリニックでは痛みをやわらげる取り組みをしています。

お声がけをして緊張をほぐします

痛みの少ない治療歯を削るときや麻酔をかけるときに、いきなり治療を始めたのでは緊張気味の患者様は驚いてしまいます。当クリニックでは、治療を行う前に必ず声をかけて確認をしています。このように患者様の緊張をほぐし、安心していただくことにより、痛みをやわらげる効果があります。

手の動きにも気をつけています
治療をするときには、手の動きにも細心の注意を払い、患部への刺激ができるだけ少なくなるように心がけています。治療をとおして患者様に安心感を深めていただくことで、気持ちがくつろぎ、より痛みを感じにくくなるのです。

患者様には注射器をお見せしません

痛みの少ない治療これから麻酔をするとわかっていても、目の前に注射器があると思わず体に力が入ってしまうのではないでしょうか。でも当クリニックでは患者様に注射器をいっさいお見せしないようにしています。もちろん、麻酔の際には声をかけますが、患者様にはいつとも気がつかないうちに麻酔をかけられるような感じになり、痛みを少なくすることにつながります。

痛みをともなわない表面麻酔を行っています
表面麻酔は、局所麻酔を行う前に皮膚や粘膜表面の知覚を麻痺させるために行う麻酔法で、塗り薬タイプのものやスプレータイプなどさまざまな種類があります。麻酔薬を塗るだけで皮膚や粘膜の感覚がマヒした状態になるので、治療を始めても痛みを感じることがありません。麻酔薬の効き具合を確かめてから治療を行うので、痛みに敏感な患者様にも安心していただけます。

確認することを大切にしています

痛みの少ない治療歯を削るといっても、患者様は実際にどれだけ削られていくのかがわかりません。そこで当クリニックでは、はじめにどれくらい歯を削る必要があるかを説明し、治療後には削ったあとの歯の状態を見ていただいたり、削った量をお見せしたりします。

もっと詳しく知りたいという患者様には、写真と資料を使ってご説明いたします。また、必要とあればマイクロスコープを使って、歯の状態を確認していただきます。患者様に納得していただく治療をするために、当クリニックでは何度も確認を重ねています。

マイクロスコープとは

ミニマム・インターベンション(MI)を重視しています
ミニマム・インターベンションとは、必要最小限の部分だけを削り取り、修復する治療方法です。同じ虫歯治療でも、大きな範囲を削ってしまうと歯にダメージを与えてしまいます。MIでは、虫歯に感染した部分だけを削り、さらに神経を残すことで歯に与えるダメージを少なくし、長持ちする歯を残していきます。

抜歯の場合でも、患者様にご説明すると同時に歯の状態をマイクロスコープでご見ていただいたり資料をお見せしたりしたうえで、歯を抜くか、歯を残して治療するかを決めていただいています。

一般治療・虫歯治療へ


2012年6月 « トップへ


コールバック予約

PAGE TOP