トップへ » 医院について » 歯科医師あいさつ » 信頼される喜びを明日の診療に活かします

信頼される喜びを明日の診療に活かします

院長あいさつじっくりと時間をかけて診療にあたるということは、裏を返せば患者様に少なからぬ忍耐を強いることでもあります。少しでもていねいに治療をしようとするとき、患者様は私たちの求めに応じてじっとお口を開けてくださいます。

特にお年を召した患者様の場合、お口を開け続けているのは難行苦行と言っていいかもしれません。しかし、そうやって耐えてくださった患者様が笑顔を浮かべて帰っていくのを見るたびに、私たちは患者様から深く信頼されている喜びを感じずにはいられません。

患者様の中には、広島だけではなく、遠くは神奈川や新潟から足を運んでくださる方もいらっしゃいます。かつて当クリニックで受診していたけれども、転居をしたために遠くなってしまった患者様です。普通ならば引っ越しとともにかかりつけの歯科医も替えるところですが、年に3~4回と頻度こそ減っても必ず私たちの治療を受けてくださるのです。医療に従事するものとして、これ以上の喜びがあるでしょうか。

私たちが最新の設備と最先端の技術を提供して患者様の治療にあたることは当たり前です。けれども、私たちの医療に対する思いを受け入れて、予約の時間を守り、治療のつらさに耐え、なおかつ遠くからも足を運んでくださる患者様の信頼に応えることこそが私たちの使命と肝に銘じ、明日の医療に役立てていきたいと思っています。


トップへ » 医院について » 歯科医師あいさつ » 信頼される喜びを明日の診療に活かします


コールバック予約

PAGE TOP