トップへ » 治療について » 歯周病治療 » 歯周病の進行度合いと治療法

歯周病の進行度合いと治療法

1.軽度歯周病軽度歯周病
歯と歯肉の間についた歯垢・歯石に細菌が繁殖して、歯肉に炎症が起き、歯が腫れたり出血したりしている状態です。この段階ならば、1~2回の専門的なクリーニングを受けることと効果的なブラッシングを行うことで治癒します。

2.中等度歯周病中等度歯周病
出血・口臭がひどくなり、歯石も目立つ状態です。歯周ポケットも深くなり、少しずつ骨が減っていき、歯がガタガタし始めます。この段階では、ていねいな歯垢の除去、痛みのある場合は麻酔をしてスケーリングなどの施術が必要となります。また歯周ポケットの深さが5mmを超える場合、歯周外科の施術が有効な場合があります。

3.重度歯周病重度歯周病
歯周病がさらに悪化し、歯肉が化膿して赤く腫れあがります。歯を支える骨もかなり減ってしまった状態です。歯のぐらつきもかなり大きくなります。歯周外科による治療が必要です。進行度合によっては、抜歯が必要となる場合もあります。


トップへ » 治療について » 歯周病治療 » 歯周病の進行度合いと治療法


コールバック予約

PAGE TOP