トップへ » 治療について » 歯周病治療 » 日本人の成人8割が歯周病にかかっています

日本人の成人8割が歯周病にかかっています

歯周病治療近年の厚生労働省の調査・統計によれば、日本人の35歳成人の80%以上が歯周病に感染しています。しかし、35歳になってから突然歯周病になるわけではありません。実は10代から少しずつ進行し、20年の歳月をかけて歯肉がじわじわと侵されているのです。

歯周病は自覚のない病気です
歯周病に気づかず見落としたままでいると、30代を迎える頃には歯ぐきから血が出るといった症状が現れ始めます。虫歯と違ってほとんど痛みがないため、自覚症状が現れる頃には、すでに重症の歯周病に冒されていて抜歯するしかないということもあり得ます。

当クリニックでも、別の治療で訪れた患者様に「歯肉の状態が悪いようですが、検査してみますか?」と聞くことがあります。検査の結果、歯周病だとわかった9割以上の患者様は治療を受けていらっしゃいます。やはり、自分の歯は自分で守るのが基本です。

こんな症状が出たら歯周病検査を受けましょう
●歯ぐきから血が出る
●歯肉が腫れている
●口臭が気になる
●歯ぐきがやせて、歯がグラグラしている
●歯と歯の間の隙間が大きくなって食べ物が挟まりやすくなった


トップへ » 治療について » 歯周病治療 » 日本人の成人8割が歯周病にかかっています


コールバック予約

PAGE TOP