トップへ » 治療について » 根管治療 » 根管治療の流れ

根管治療の流れ

一般的な根管治療は次のような流れで行います。

【STEP1】根管治療の流れ
レントゲン撮影を行い、神経があるところに細菌が入って炎症を起こしているのか、神経がないところに炎症が起きているのかを判断します。

次へ

【STEP2】根管治療の流れ
歯の内面の感染した部分を取り出し、殺菌します。ファイル(細い針金の横に刃が付いている器具)やマイクロエキスカ(細い針金の先端にスプーンのような物がついた器具)を使います。難治性の場合は、光殺菌LAD治療)を行うことがあります。

次へ

【STEP3】根管治療の流れ
炎症が起こっている根管の先まで薬を詰め、細菌が入らないようにフタをします。

次へ

【STEP4】根管治療の流れ
根管治療後の歯は、症例によって詰め物あるいは被せ物を取り付けます。


トップへ » 治療について » 根管治療 » 根管治療の流れ


コールバック予約

PAGE TOP