トップへ » 治療について » 審美歯科 » ネイルチップのようなラミネートベニア

ネイルチップのようなラミネートベニア

審美歯科歯の表面を爪の厚さほど削り、ネイルチップのように薄いセラミック製の板を貼りつける方法です。主に前歯や小臼歯に使います。色も透明感も、本物の歯とほとんど見分けがつかないほど自然に仕上がります。

この方法は、ホワイトニングで白くすることのできない変色歯や、色と同時に歯の形も整えたいという場合に最適です。歯のエナメル質しか削らないため、痛みはほとんどありません。この治療法はほかと比べても歯を削る量が極端に少なくてすみ、歯へのダメージを最小限に抑えることができます。


トップへ » 治療について » 審美歯科 » ネイルチップのようなラミネートベニア


コールバック予約

PAGE TOP