トップへ » 治療について » 一般歯科 » 虫歯はこうして生まれます

虫歯はこうして生まれます

一般的に虫歯(う歯)とは、口の内部で繁殖した細菌が、食べ物含まれている糖分を栄養源にしてネバネバとした酸を出し、歯の表面を溶かして穴をあけていくことを指します。

虫歯の進行過程と治療法
虫歯の進行状態は、専門用語で虫歯を指す「カリエス」の頭文字の「C」を用いて、C0~C4の4段階に分けられています。進行の度合いによって治療内容も変わってきます。

Co(初期う歯)CO
まだ穴があいたり黒く変色していませんが、歯の表面が溶けはじめて虫歯になりかかっている状態です。痛みもまだありません。この段階ならば、フッ素入りの歯磨き剤を使い、きちんと歯みがきをすることで再石灰化させることが可能です。

C1(エナメル質う歯)C1
虫歯菌が出した酸によって歯の表面を覆っているエナメル質が溶け始め、小さな穴があいた状態です。まだ、より深い部分にある象牙質にまで達していないので、痛みはありません。この段階ならば、虫歯になった部分を最小限度削り、白い詰め物をすれば治療が終わります。

C2(象牙質う歯)C2
虫歯がエナメル質の下の象牙質まで達している状態なので、冷たいものや甘いものを食べるとしみることがあります。また穴の部分を触ると痛みを感じるため、治療の際には麻酔が必要です。

虫歯の範囲が小さければ、保険適用内の白い詰め物をすることで治療は終わりです。しかし、深い部分まで虫歯が広がっている場合には、麻酔をして患部を削り、型取りをして製作した詰め物を装着します。

C3(神経まで達したう触)C3
虫歯がエナメル質と象牙質を溶かし、神経にまで到達しています。この段階になると激しい痛みを感じる場合が多くなり、神経が壊死した場合には細菌が根の外で炎症を起こして膿が出たり、歯ぐきが大きく腫れたりします。

このレベルになると、根管治療が必要です。麻酔をしたうえで、壊死した神経や内部に溜まっている膿を取り除き、歯の根の部分をきれいにしてから被せ物をします。

C4(残恨状態)C4
歯のほとんどがなくなってしまい、根だけが残っている状態です。治療可能な歯質が残っていれば、C3のケースと同じように根管治療を行ってから被せ物をします。しかし、症状によっては歯を抜かなければならないケースも多い状態です。

根管治療へ


トップへ » 治療について » 一般歯科 » 虫歯はこうして生まれます


コールバック予約

PAGE TOP