トップへ » 治療について » 根管治療

重症化した歯を再生させます

根管治療

歯を治療したあとに、痛みや腫れを訴えることがあります。そのまま放置していると、歯の神経が壊死し、根の先に膿がたまって歯ぐきが腫れてきます。その状態になると治療が難しくなり、ひどいときには抜歯をしなければなりません。根管治療とは、細菌に感染した歯の根の中をキレイに洗浄・殺菌し、歯を再び生かすための治療です。
 

マイクロスコープを使った根管治療

マイクロスコープ最小限の侵襲での治療を最小の修復で行うためには、処置範囲が小さくなればなるほど、細かな作業や高い精度が要求され、肉眼での治療には限界が生じてきます。そこで視野を拡大するルーペ、もしくはさらに拡大された鮮明な術野を得るためのマイクロスコープが必要となってきます。

当クリニックでは、マイクロスコープを利用して歯科治療にあたっております。肉眼の約20倍も拡大できるため、より繊密な治療を施すことができます。

治療水準を向上させるという点においては、もはやマイクロスコープはなくてはならない存在となっています。少しでも長くご自身の歯を保っていただくためにも、マイクロスコープを使用した体に負担の少ない最新の治療をご提案いたします。

根管治療の流れ

一般的な根管治療は次のような流れで行います。

【STEP1】根管治療の流れ
レントゲン撮影を行い、神経があるところに細菌が入って炎症を起こしているのか、神経がないところに炎症が起きているのかを判断します。

次へ

【STEP2】根管治療の流れ
歯の内面の感染した部分を取り出し、殺菌します。ファイル(細い針金の横に刃が付いている器具)やマイクロエキスカ(細い針金の先端にスプーンのような物がついた器具)を使います。難治性の場合は、光殺菌LAD治療)を行うことがあります。

次へ

【STEP3】根管治療の流れ
炎症が起こっている根管の先まで薬を詰め、細菌が入らないようにフタをします。

次へ

【STEP4】根管治療の流れ
根管治療後の歯は、症例によって詰め物あるいは被せ物を取り付けます。

神経が壊死すると歯が黒ずむのはなぜ?

根管治療神経が壊死しているのに治療をせずにいると、内部が血液の成分から着色して歯の色が変わってしまいます。こうなると元に戻すのは難しくなります。しかし、ある程度ならば内部を歯牙漂白することもできます。歯の裏側に穴を開けて漂白する治療法です。

被せ物をしたくないという患者様の場合、この方法を選ぶ方が多くなっています。それでも時間が経つと変色のリスクは出てくるので、大多数は漂白を繰り返すこととなります。


トップへ » 治療について » 根管治療


コールバック予約

PAGE TOP