トップへ » 治療について » インプラント

インプラントとは

インプラント

インプラントとは、歯の機能を回復する治療のひとつで、歯を失った部分に人工歯根(インプラント体)を埋め込み、それを土台にして人工歯を被せる治療です。当クリニックでは、歯を失った方のインプラント治療を専門に行っています。

残存歯をいかに残すかにこだわっています
当クリニックでは、入れ歯は扱っていません。それは当クリニックが歯をいかに残すか、ということを大きなポリシーとして掲げているからです。入れ歯は、残っている歯を犠牲にする治療と考え、それに代わる治療法としてインプラントをお勧めしています。

迷っている方、まずはご相談ください

インプラント「顎の骨の中に異物を入れるのが怖い」
「本当に安全なのか不安」
このような、インプラントに対する不安をお持ちの方はいらっしゃいませんか?当クリニックでは患者様の不安や疑問にていねいにお答えしながら信頼関係を築き上げ、安心して治療を受けていただきたいと考えています。

正しい情報を提供します
インプラント治療についての情報は、インターネットでも本でもたくさん見ることができます。けれども、それらから得た情報が正しいとは限りません。

当クリニックでは相談に来られた患者様に対してできるかぎり正しい情報を提供しています。現場で得られた正しい知識と情報から、患者様が抱いていた恐怖や不安を軽減するお手伝いをいたします。

インプラントのメリット

インプラント<最大のメリットは"天然歯に近い噛み心地">
あごの骨の中にインプラント体が定着するので、天然歯と変わらないほどの安定した噛み合わせを取り戻すことができます。また、入れ歯よりも自然で安定した噛み心地を再現できます。

天然歯に近い噛み心地なので、食事も美味しく感じられます。また入れ歯では食べづらいお煎餅などもバリバリと食べることができます。小さなかけらを詰まらせる心配もないので、嫌な痛みもありません。

<嫌な口臭に悩まされることもありません>
インプラントならば、健康な歯を持っていたときと同じように歯みがきをすれば、口臭に悩まされることもありません。見た目も天然歯と変わらないので、大きな口を開け、大声で笑うこともできます。

<発音もはっきりとしゃべることができます>
入れ歯などと比べて発音しやすくなるので、人との会話で煩わしく感じることもなくなります。

<ほかの歯に負担がかかりません>インプラント
部分入れ歯は、バネを入れ歯の両側の歯にかけて固定するため、噛むたびにほかの歯に負担がかかり、両側の歯が抜けやすくなるといったデメリットがあります。けれどもインプラントにはこうしたバネがなく、残っている歯に負担がかかりません。

また、部分入れ歯やブリッジのように、ほかの健康な歯を削る必要がなく、残っている自分の歯の寿命を延ばせるのも大きなメリットと言えるでしょう。

<清潔を保てます>
形が天然歯に近いので、入れ歯やブリッジに比べてお口の掃除がしやすくなります。掃除がしやすいと、入れ歯のように口臭に悩まされることもありません。

残っている歯が少ない方、総入れ歯でも可能です

従来、残っている歯が少ない患者様に対するインプラント治療には、以下の問題点がありました。

●固定式タイプの場合、片顎で最低でも6~8本のインプラントが必要で費用がかさむ
●奥歯は骨が足りないことが多く、骨を作る手術が必要となる場合が多い

オールオンフォー当クリニックが導入したインプラントシステムは、従来の問題点を解決した最新のインプラント治療方法All-on-4(オールオンフォー)です。

All-on-4は、奥のインプラントを骨のある部分へ斜めに埋め込み、インプラントにかかる力を広く均等に配分するため、少ないインプラントでもすべての人工歯を支えることが可能となるのです。

All-on-4の特徴
●インプラント手術後、わずか数時間で義歯を入れ、ものを食べることができる
●埋め込むインプラント体は4本(最多でも6本)で済むので経済的
●骨を作る手術が不要
●手術時間も短く、身体的な負担が軽い
●インプラント埋入成功率98%、最終インプラント義歯装着率100%

インプラント治療の流れ

インプラントの治療期間は、最短で4か月から半年ほどです。その間は、だいたい1~3週間ごとに通院していただく流れとなります。ただし、患者様のあごの状態や歯周病などの有無によっては、さらに半年から1年程治療期間が長くなることもあります。

【STEP1】問診インプラント治療の流れ
最初に衛生士が患者様の全身の健康状態を伺います。内科的な疾患がある場合には、内科医と連携しながら全身管理をしていきます。さらに口腔内チェック、レントゲンあるいはCT画像撮影などによる十分な審査診断を行います。この段階は手術が安全にできるかどうかを、お口の中の状態だけでなく全身についても診断するのが目的です。

問診では、患者様の希望によって、ある程度検査項目を選んでいただきます。たとえばレントゲンだけでなくCT画像撮影もするか、むし歯治療も並行して行っていくかなど。さらに、費用についてもご説明し、患者様に納得していただけるように努めています。

そのあと、レントゲン写真(またはCT画像)などの資料をもとに、ドクターが今後の治療開始を立てていきます。むし歯が見つかった場合には、その治療も始まります。
※むし歯が痛む場合には、最初の問診をした段階で痛みを取る処置をいたします。

次へ

【STEP2】インプラント手術インプラント治療の流れ
歯の根に相当するフィクスチャーと呼ばれる人工歯根をあご骨に埋入します。虫歯治療や抜歯をするときと同じように、局所麻酔で手術をします。術中は、ほとんど痛みを感じることはありません。

骨とインプラントがしっかりと結合されるまでの治療期間は、3~6か月です。ただし、治療期間は骨の質などにより個人差があります。この間、必要に応じて仮の歯を入れることもあります。

次へ

【STEP3】人工歯取り付けインプラント治療の流れ
人工歯を支えるアバットメントという部品をフィクスチャーに連結します。そしてインプラントを含めたお口の中全体の型を取ります。その型に従って人工の歯を製作します。そのあと、アバットメントの上に人工歯を装着して完成です。

次へ

【STEP4】メンテナンスインプラント治療の流れ
インプラントを長持ちさせるためには適切なホームケアと定期的な検診が不可欠です。インプラントはむし歯にはなりませんが、放っておくと歯周病になりかねません。担当医の指導に従い、正しい歯みがきを心がけてください。また、半年に一度、定期検診を受けていただき、インプラントの状態を観察していきます。

手術の痛みや術後の腫れについてもご説明します

インプラント患者様の中には、腫れや痛みを心配される方が少なくありません。そうした方のために、当クリニックでは実例とデータを使ってていねいに説明します。痛みについては個人差がありますが、痛みを感じるとしても抜歯をする程度と言うことができます。

経験上、ご高齢の女性でも十分に耐えられる程度で、それほど心配する必要はありません。また腫れについても個人差がありますが、通常、術後3日目くらいまで大きく腫れることがあり、その後1週間かけて引いていきます。


トップへ » 治療について » インプラント


コールバック予約

PAGE TOP